ご無沙汰です

こんばんは。
今日は久しぶりに一日暇だったので、ごろごろだらだらしてました。

最近何してるかっていうと、「卒論のための実験の準備」と「自分が今興味を持っていること」との間で葛藤しています。両立っていうか葛藤。


「理系での研究は、論理力や数学力を養い、たとえ将来畑違いの職業に就くことになった際にも役立つ。」

とは良く言われることで、自分もそう信じているわけですが、やはりこれは結果論的なものでしかないような気がしてます。

コンサルや金融業界には理系の院生が多く、また、理系出身の経営者も増えつつある昨今では、この命題の正しさは容易に確認できます。

しかし、将来の畑違いの職業に生かすために、打算的に理系で研究をしている人を自分はほとんど知りません。もしそういう人がいたとしても、その人にとって、この命題が第一義的なものであることは考えにくいと思われます。

ここで、文転を視野に入れながら今研究に取り組んでいる自分についてみてみると、研究に対してあまり気が乗らないというのが正直なところです。そもそも、興味が他にあるからこそ、文転するというわけなので。

これらのことを考えると、上記の命題は、確かに正しいとは思われるものの、研究へのインセンティブとして有効に機能するものではないようなのです。
それゆえ、結果論的なものと言ったわけです。


以上、どういうことかと言うと、「今研究に打ち込むことで、将来の役に立つよ!」という自分への動機付けは、有効性を持たないということです。

これまで、この言葉は自分にとっての第一義的な、研究に対するインセンティブとして働くものだと思っていました。それゆえに、今の自分に対してこの動機付けが上手く働いてくれないというのは、なかなか困った事態です。

何で困るかと言うと、別に卒業できないからとかそういうわけじゃありません。どうせ締め切りが近づき、必要に迫られると必死になってやりだして、結局卒業はできるであろうことが、これまでの経験から明らかであるからです。

問題は、この命題によるインセンティブが機能しないことで、自分の将来に役立つチャンスを逃してしまう可能性があるということです。すなわち、”理系での経験を将来に生かせなく”なってしまう可能性があるということです。


思えば、これは誰もが小さい頃から付き合ってきた問題であるともいえそうです。

「今勉強しておけば、将来絶対役に立つから!」

この言葉に、聞き覚えはないでしょうか。誰もが一度は、親や教師から言われたことのありそうなフレーズです。この言葉が、子供たちにとって有効なインセンティブとして機能しないことは、明らかでしょう。他方、この言葉が結果論的には正しいことも、世間的に了解されていることかと思います。

また、今よく言われる、「今やってる仕事が自分の将来のためになるとは思えない」と言って会社を辞めてしまう若い社会人に関しても、同じことが言えそうです。

しかし、この子供のケースや、若い社会人のケースについては、彼らが「今勉強をして将来に役立つ」、「今この仕事をして将来に役立つ」という言葉に疑いを持っているからこそ、勉強や仕事に背を向けるものだと考えられます。

一方、自分の場合、「理系での研究は、論理力や数学力を養い、たとえ将来畑違いの職業に就くことになった際にも役立つ」、ということは確信しているわけです。

それにも関わらず、その言葉がインセンティブとして機能しない。

とすると、これは、自分の未熟さ(我慢強さが足りない、飽きっぽいなど)ゆえに生まれてくる問題のような気もしてきます。しかし、「他に、今、強く興味を引かれるものがある」という要因も大きくあるわけです。
”今”と”将来”のバランスをどう取るか、という問題も絡まっていそうです。

とは言っても、結局、「葛藤」が「両立」に変われば申し分ないわけです。
どうやら、何とかシステマチックに「両立」を実現できる方法を考えていかねばならないようです。



こんなこと書く予定ではなかったのですが、手が勝手に動いてしまいました。
相変わらず元気にやってます!
[PR]

# by ytaisuke | 2007-11-17 22:02 | Days  

数多くのタスクが・・・

佳境に入ってきた。


こんなときには、

「最大限の集中力を発揮して、効率的に、かつ一気にタスクを纏め上げていく」

ことができるかどうかが、最も重要になってくると思う。


これまでは、タスクの完成度のレベルを高めるために、視野を広く持ちつつ、比較的ゆっくりと時間を使っていたが、もはやそれをする段階にはない。

明日から、必死で頑張ろう。
[PR]

# by ytaisuke | 2007-10-21 23:55 | Days  

最近のこと

◆ TOEFL

思いの外、100点の壁は厚い。
IBTはListening、Speaking、Writingと、三つのセクションでリスニング力が試されるから、特にリスニング力の強化が急務。

一つ一つの単語を漏れなく聞き取れるようになることが重要らしい。
けど、これはかなり訓練が必要そうな印象。


◆ 卒論

史上最高レベルに進行が遅いって言われた(笑)
個人的にはテーマ決めに大きな労力を割こうと思っていたから、予定通りと言えば予定通りだけど、さすがに終わるかどうかちょっと心配になってきた。
でも、テーマはそろそろうまくまとまりそう。



とりあえず、この二つに苦戦中・・・
他にも色々と。


もっと一つ一つの事柄に集中しなくてはならないことは分かってるんだけど、どうしても色んなことに手を出してしまう。
(てことは実際は分かってないのかも知れない(笑))

とにかく色んな視点を身につけてみたいという強い欲求があるようだ。

一国民(若者)としての視点、一学生としての視点、国際的な視点、学界からの視点、産業界からの視点、官界からの視点、政界からの視点、過去の賢人たちの視点etc...

色んな角度から社会を見つめてみたい。
たとえ中途半端になるリスクがあるとしても、人生という大きなタイムスケールを基準に自分の”今”を見てみると、視野を狭めてしまうリスクの方が大きい気がしていることもあるのかな。


そういえば、最近読んでいる「ウェーバー入門」(山之内靖)が面白い。

以前に、資本主義システム(市場システム)、特にその起源に強く興味を引かれ、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」にチャレンジしてあえなく撃沈して以来ウェーバーには興味を持ち続けていたが、やっと分かりやすい入門書に出会えたという感じ。

ウェーバーに関してはこれまで様々な解釈が存在してきたが、この本においてはそれらが上手くまとめられており、その上で、一番もっともらしい解釈が提示されている。

数あるウェーバー入門書の中でもオススメできるものだと思った。
古典の世界にもどんどん入り込んでいきたいと思う今日この頃。


てな感じでなかなか興味が収束しない。

まぁ、とりあえず、相変わらず元気でやっているということ。笑



さて、卒論やりますかね。。。
[PR]

# by ytaisuke | 2007-10-20 02:15 | Days  

【start】TOEFL-iBTのstudy

◆ 目標

「2008年2月末までに、TOEFL-iBTで100点を取ること」


◆ 現状

「R:22 L:21 S:17 W:21の80点(2007年7月14日)」


◆ 方策

・東大工学部で行われているSpecial English Lesson(by Agos Japan)
→週に2回参加する。

・TOEFLテスト英単語3800(旺文社)
→まとまった時間を作って確認する。

・TOEFL TESTによく出る英単語2500(明日香出版社)
→まとまった時間を作って本文を読んでおき、通学時に電車内で聞く。

・DIALOGUE VOCABULARY 1800(旺文社)
→まとまった時間を作って本文を読んでおき、通学時に電車内で聞く。

・NEWS DIGEST(The Japan Times)←月刊誌なので毎月
→まとまった時間を作って本文を読んでおき、通学時に電車内で聞く。

・前述した各種Home Page
→暇なとき目を通す程度。


まとまった時間って抽象的だなぁ・・・
毎朝30分(6:30-7:00)を英語の勉強のための時間として設定することにしよう。

いずれにしても、TOEFL高得点は留学には必須みたい。
せっかくの機会だから、実用性にも留意しながら学んでいきたい。

研究室の外国人に積極的に話しかけてみようかな・・・(笑)
[PR]

# by ytaisuke | 2007-10-08 18:46 | For overseas study  

【end】院試の勉強

【start】院試の勉強


実際にできたのは、

・井堀先生のミクロ&マクロ経済学演習 一周
・過去問 一周

だけだった。
色々とバタバタとしていたせいでもあるが、
それも含めて、計画における見積もりが甘かったこととして反省しよう。


また、経済学をトピック別にまとめていく予定は、全くといいほど進まなかった。
学習を日々の生活の中に組み込もうとして計画に含めていたが、
それは思った以上に難しかった。

とはいっても、学習を日々の生活に組み込んでいくことは依然として重要なことだと思っているので、この経験は今後の学習に生かしていきたいと思う。


合格したことに慢心せず、先へ先へと進んでいこう。
[PR]

# by ytaisuke | 2007-10-08 18:22 | Economics  

小田切さんの「東大公共政策に何点をつけるか」というエントリーから

ネットサーフィンしていたら以下のような記述を見つけた。
ソースとなるブログはもう消えてしまっている様子。



しかし、改善すべき点はまだかなりある。

一つ目は、公共政策学部の独自の棟がないことだ。これは法科や学際情報学があるにもかかわらず、これは遺憾なことだ。

二つ目は、政治家出身の客員教授がいないことだ。ハーバードケネディスクールでは、政治家が自ら「政治家になるための講座」などもあり、かなり実践的である。このような授業も取り入れるべきであろう。

三つ目は、英語実践教育がほとんどなされていないことだ。東大工学部では、英語スペシャルレッスンのようなものが存在し、民間の英会話やTOEFLの予備校と提携して、英語のレッスンをしている。このような努力も今後必要であろう。

四つ目は、留学があまり充実していないことだ。たしかに、コロンビアやリークアンユーにいけるのは魅力的だが、ほかにも、ハーバード、プリンストンなど有名公共政策大学院の交換留学は進めてほしい。

五つ目は、質の高い大学院生の確保戦略が甘いということだ。これは、もっと社会人を充実させて、現在学生上がり対その他が9:1ぐらいになっている。少なくとも、7:3ぐらいにすべきだ。学生上がりは、少なくとも「モラトリアム大学院生」というのは排除しやすくなる。




参考になりますな。
悪い点があるのはしょうがないので、それは自らで補完&改善していこう。

って言っても、これらのデメリットを考慮しても余りあるほどの魅力を感じたから公共政策にいくわけで(笑)
上記はたいした問題点でもないと思った。
[PR]

# by ytaisuke | 2007-10-06 17:06 | Policy  

院試の結果

良い結果が出ました。


来年からは、

東京大学大学院 公共政策学教育部
専門職学位課程 経済政策コース(あってるかな?笑)

で学ぶこととなります。

TOEFL事件などお騒がせしましたが、
無事試験も受けれて本当に良かったです。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

とりあえず、来年からの新たな学生生活が楽しみでしょうがありません。




以上、取り急ぎ報告させていただきます。
[PR]

# by ytaisuke | 2007-10-06 03:16 | Policy  

日経新聞夕刊より

三重県知事を歴任し、現在早稲田大学の教授である北川正恭さんが、
日経新聞の夕刊でコラムを書いていた。

「行政革命」という本を”県政のバイブル”と評している。
そのコラムから気になった言葉をいくつが抜粋しておこう。

「政府の仕事は船の舵を取ることで、漕ぐことではない。」

北川さんは、本の中にあるこの言葉にひどく共感したらしい。

続いて、

「改革とは質的成果を上げる意味だということ、行政マンはアントルプルヌール(起業家)でなくてはならぬこと、そして思い切って船の舵を切るべきであること。」


と、このように述べてある。

”行政マンはアントレプレナーでなくてはならない”
このことは、自分がずっと思い続けていたことだ。

もちろん、知識労働を行っている限り、起業家精神(アントレプレナーシップ)というものは一般的に必要なものといえるであろう。しかし、それが特に、行政の仕事において今一番必要とされているものだと自分は考えている。

行政組織は、その組織の巨大さと仕事内容の重要さゆえに、抜本的な変化が起こりにくい。
そんな中で、数々の今日的問題が積み重ねられてきた。

一方、変化の絶えないこの時代において舵を取るということは、
絶え間ない変化(改革)を起こし続けていかねばならないということだろう。

この現実と理想のギャップは、何とかして埋めなくてはならないものだ。
そのためのキーワードこそが、”アントレプレナーシップ”なのだ。

そう思い続けて継続してきたアントレ塾も先日第50回目を迎え、
自分がリーダーシップをとっていくこととなった。

加えて、幸いなことに、これからも大学生という自由度の高い期間が二年間続く。

”アントレプレナーシップ”
働き出してからは忘れてしまいがちで、かつ自分のやりたいことと密接な関係を持つこの精神を、社会に出る前にしっかりと身につけておきたいと改めて思った。


この本は読んで見よう。
夕刊であっても、たまに目を通してみると新たな良い発見があるものですね。
[PR]

# by ytaisuke | 2007-10-03 22:59 | Policy  

また風邪かぃ・・・

熱39.6度まで上がった。。。

あと1度上がったら死んじゃう気さえする。



人間の体って脆いもんだなー。

あ、オレの体力がアレなだけか。。。


気付きたくなかった。。




さてさて、明日はテストが二つあるからどうしても学校行きたいなぁ。

ついでに病院寄ればいいのかな。

体痛くて眠れない。。

早く治れー
[PR]

# by ytaisuke | 2007-09-25 05:17 | Days  

NEXT STAGE

試験が終わった(まだ面接はあるけど・・・)から、しばらくの間経済学とはお別れ!
一生付き合っていく予定だから、許してね!!


ってなわけで、やっとNEXT STAGEへ飛び立てる!
(定期テストがリアルに邪魔だけど・・w)

こんなオレだけど一応理系なのだー><
実験をするのだー!
論文を書くのだー!!
研究をするのだー!!!

24日までに研究計画書の初稿を組み立てて、
10月中に完成させて、
11月、12月、1月の三ヶ月で実験&結果の分析をやって、
2月に卒論を仕上げる予定。

研究は結局、テーマ決めが全てなような気がしてるから、10月は頑張ります!!

①研究意義の特定(なんのための研究なのか?を考え抜く)
②穴を探す(今までやられていないテーマを探す、今までやられていない手法を使う、今まで考えられていないような結果を提示するetc...)

この二つを中心に。
学生なめんなよ!の精神で頑張ろう(笑)


研究室に何か残せれば良いな~~
来年夏に学会で発表できればいいなぁ~~~~



あ、先日のドタバタ劇は無事終息しました!
試験も受けれて、出来もそこそこだったから後悔することはなさそう。
皆さん心配かけました&応援感謝です。


おーレポートと明日のテスト勉強をせねばー
アセアセ。。。
[PR]

# by ytaisuke | 2007-09-21 05:16 | Agriculture